工業用の板金ケース・金属カバー・筐体・ドレンパン製作のことなら|岐阜県 株式会社加藤製作所
設計・開発者の為の技術情報誌 プレス加工コストダウンニュース
資料請求
メールでお問い合わせ

会社概要と保有設備

運営会社概要

「特注筐体製作.COM」を運営する株式会社 加藤製作所は、岐阜県・中津川市にあるプレス板金部品の総合メーカーです。

商号 株式会社加藤製作所
本社 〒508-0011 岐阜県中津川市駒場447番地の5
電話番号 0573-65-4175
FAX 0573-65-4177
代表者 代表取締役 加藤景司
創立 昭和29年5月8日(創業明治21年)
資本金 2,000万円
事業内容 家庭電気器具部品、自動車部品、騒音防止機器(防音壁、消音機)、航空機部品の製造等
主なお取引先 三菱電機(株)、三菱自動車工業(株)、三菱重工業(株)、(株)栗本鐵工所、(株)ソーワテクニカ、(株)メルコエアテック、日本ガイシ(株)、富永産業(株)、(株)デンソーエアクール、(株)ヤマトインテック、トヨセット(株)、山清工業(株)、(株)LIXIL、他各社
社員数 男90名、女17名(うちパート・シルバー社員54名)
合計107名(H29.4現在)
関連会社 (株)加藤鉄工不動産管理カトービルサービス(株)エレベーター、エスカレーターの保守管理、修理工事、 エレベーターの据付工事

沿革

1888年12月 初代 加藤幸次郎、中津川にて創業 名称「かじ幸」
1923年4月 二代 加藤嘉七、加藤鉄工所と改称
1954年5月 三代 加藤幸平、(有)加藤鉄工所 設立
1955年5月 三菱電機(株)中津川製作所の協力工場に指定
1961年1月 台町工場から青木工場へ移設
1973年4月 従来の商号を(株)加藤製作所へ変更し製造部門を担当
工事部門を(株)加藤鉄工とし新会社を設立
1984年11月 カトービルサービス(株)を設立
1988年12月 創業100年を迎える
1991年7月 労働基準局長優良賞を受賞
1997年7月 労働基準局長功労賞を受賞
2001年4月 高齢者を土日祝日出勤で雇入れ365日稼動をスタートさせる
2001年11月 労働基準局長努力賞を受賞
2002年1月 全国高齢者雇用開発コンテストにて「厚生労働大臣賞最優秀賞」を受賞
2003年1月 ISO9001:2000の認証を取得
2004年1月 ISO14001:1996の認証を取得
2004年5月 四代 加藤景司、社長就任
2006年6月 中津川市環境推進協会功労者表彰を受賞
2007年11月 三菱重工業株式会社 航空機品質マネジメントシステム MSJ4000の認証を取得
2008年9月 中部経済産業局と岐阜県の「ものづくり基盤技術の高度化」「事業高度化計画」に認定される
2010年3月 (財)岐阜県産業経済振興センターの「ムダ取り」推進事業に認定される
中部経済産業局の中小企業の「ものづくり基盤技術の高度化」に再認定される
2011年2月 公益社団法人日本フィランソロピー協会より第8回企業フィランソロピー大賞「特別賞」人財ハーモニー賞を受賞
2013年4月 PHP研究所より、高齢者雇用の本「意欲のある人、求めます。ただし60歳以上」を出版
2013年7月 KATOグループ創業125周年記念事業「千の音色でつなぐ絆」講演&ヴァイオリンコンサートを開催
2014年3月 経産省の平成25年度「ダイバーシティ経営企業100選」に選定される
(岐阜県で初めての受賞)
2015年6月 「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」の区域別(中津川市)事業者に指定される
2015年8月 一般財団法人船井財団から、グレートカンパニーアワード2015の「船井財団 特別賞」を受賞しました。
2016年2月 岐阜県から「岐阜県子育て支援企業」として登録される
2016年2月 JISQ9100:2009の認証を取得

保有設備

■ファイバーレーザー溶接機

仕様 発振器 型式 YLS2000-S2T
定格出力 2000W
波長 1.070〜1.080 μm
本体 ロボット+ポジショナーテーブル
ポジショナー最大積載重量 500kg
溶接可能材料 鉄、高反射材のメッキ材、
ステンレス、アルミ、
真鍮、銅、チタン
備考 アマダ製

■ファイバーレーザー複合機

仕様 発振器 型式 AJ-2000
定格出力 2000W
波長 1.070〜1.080 μm
プレス能力 200kN
最大板厚 6㎜
加工可能材料 鉄、高反射材のメッキ材、
ステンレス、アルミ、
真鍮、銅、チタン
備考 アマダ製

■対向液圧プレス

仕様 出力
(ton・f)
総合出力 360
インナ出力 200
アウタ出力 160
最大製品 SPCC t1.0×Φ200×250H
SUS t1.0×Φ150×200H
A L t1.2×Φ350×250H
備考 アマダ製

■NCプレスブレーキ

仕様 システム装置 方式 ATC自動金型切換式
(上型約40秒、下型約10秒)
特徴 サポートシステムワーク支持角度
+45度~-45度
自動化能力 最大4000mm(約50Kg)
加工機本体 加圧能力 225トン
折曲げの長さ 最大5100mm(手動)
加工板厚 t0.4~t2.3
備考 日清紡 製

■大型プレスライン

名称 保有台数(ライン数) 仕様
汎用プレス 300トン 3台
200トン 1台
150トン 1台
100トン 3台
 
順送プレス 300トン2ライン レベラフィーダー
(板厚 t0.3~t3.2 板幅 50mm~800mm)
最大製品 200トン 1ライン レベラフィーダー
(板厚 t0.3~t2.3 板幅 50mm~300mm)
最大製品 250トン 1ライン レベラフィーダー
(板厚 t0.3~t4.5 板幅 50mm~600mm)
ロボットライン 1ライン 150トン3台で構成

■産業用ロボット溶接機

名称 保有台数(ライン数) 仕様
6軸垂直
多関節ロボット
19台 可搬重量 120kgタイプ
5台 可搬重量 6kgタイプ
(アーク溶接、スポット溶接)
直行2軸ロボット 3台 可搬重量 30kg~60kg
構成ライン(工程) 全 11ライン 150トン3台で構成

■ベンディングマシン

仕様 加圧能力 800kN
曲げ長さ 2570mm
ストローク長さ 200mm
急閉じ速度 120mm/s
マシン質量 5600kg
備考 アマダ製

■インバータースポット溶接機

仕様 テーブル寸法 2000×1000mm
溶接ガン Hガン(水平)、Vガン(垂直)
溶接・電流 Hガン 12000A、Vガン 13000A
加圧力 Hガン 150kgf、Vガン 220kgf
加工板厚 SPCC2.3+2.3mmまで
定格容量 40KVA
一次側電波 3相 200V 100A
備考 アマダ製

■NCタレットパンチプレス

仕様 システム装置 素材仕様 SPC、SECC、SUS、AL
亜鉛メッキ鋼板 他
板厚・
サイズ
t0.6~t3.2
2438mm×1219mm
最大積載量 2トン/棚(6棚)
加工機本体 最大加工
板厚
t3.2(傷対策ブラシテーブル付)
プレス能力 30トン
タレットステーション数 52
備考 アマダ 製

特注筐体製作に関してお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談
資料請求ダウンロード
お電話でのお問い合わせ
0573-65-4175

〒508-0011 岐阜県中津川市駒場447番地の5